• コスコジ代表 小杉 光司

どんな事業も儲からない時期やうまくいかない時は必ずある。今はよくてもいずれやってくる。

儲かる、儲からないはもちろん大事なんだけど


自分かやりたいことの中に「社会的な(社内的な)意義」や「やることの意味や価値」みたいなものもしっかり自分で掴んでおくってやっぱり大切なんだよ。


どんな事業も儲からない時期やうまくいかない時は必ずある。今はよくてもいずれやってくる。


そんな時に支えてくれるのはそうゆうものなんだと思うし、ギリギリで粘れる理由になる。


「大変だけどきっとこうゆうことには役立ってる」


「キツイけどちゃんと笑顔したかった人が笑顔になってる」


「今はうまくいかないけど、あの景色を見ようって決めたじゃん」


みたいな感じですよ


有名なあの人がこう言ってたからとか


流行ってるからとか時代の流れがそうだからとか


儲かりそうだからとか


そんなことではきっとうまくいかない時に何かの、誰かのせいにして諦めちゃう


それって仮に失敗しても失敗しがいがないよ


やりたいこと、自分は意味や価値があると思うことを全力やって


失敗は全部うけいれたら


人は必ず成長できる


きっと次にも繋がる




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕にとって贅沢なこと

僕はお金持ちになる能力がないので、諦めが一番ではありますが、それほど贅沢な生活に興味はありません。 唯一クルマだけは好きなモノが乗りたいので、少しだけ贅沢と呼べる(ただスーパーカーなんかには全く興味ないです)モノは乗ってますが、それ以外は本当に普通か、それ以下だと思います。 趣味のバドミントンもずっと同じラケットやシューズを使ってますし、ウェアーも貰い物ばかり。普段、着るものはユニクロや無印が中心