• コスコジ代表 小杉 光司

45歳

遠回りだと思うことがじつは近道だったこと。

不効率だと思ったことが結果、効率的だったこと。

無駄だと思ったことがサイコーの宝物だったこと。

そうゆうことが

実感としてわかってきた45歳。




3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕にとって贅沢なこと

僕はお金持ちになる能力がないので、諦めが一番ではありますが、それほど贅沢な生活に興味はありません。 唯一クルマだけは好きなモノが乗りたいので、少しだけ贅沢と呼べる(ただスーパーカーなんかには全く興味ないです)モノは乗ってますが、それ以外は本当に普通か、それ以下だと思います。 趣味のバドミントンもずっと同じラケットやシューズを使ってますし、ウェアーも貰い物ばかり。普段、着るものはユニクロや無印が中心