• コスコジ代表 小杉 光司

いろいろな1番の集まり。それがチーム。

やっぱり販売や接客は間宮さんの右に出るものはいないし、データやシステム、在庫管理は陽子さんほどできる人はいない。 売場づくりとレターは斎藤さんが誰がみても1番だし、萩間さんの演出はものすごく手がはいり、チームトップでみんなの憧れだ。 そして美香子の仕入れの精度は経験だけではない視点と意識とお客さんへ思いがあり、誰も真似できない。 一人一人にすごいところがあり、強みと得意がある。必ず1番のところ(なれるところ)を持っている。その割り当てがハッキリしてる「一人一人が何かの1番」そんなチームが1番いい。 同じくくりの中に何人も入って競争させるから、いがみ合い、空気が悪くなる。 チームの中の競争は何も生まない。僕は嫌いだ。協力し合い、補い合い、学び合う。 それがチームだ。



15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕にとって贅沢なこと

僕はお金持ちになる能力がないので、諦めが一番ではありますが、それほど贅沢な生活に興味はありません。 唯一クルマだけは好きなモノが乗りたいので、少しだけ贅沢と呼べる(ただスーパーカーなんかには全く興味ないです)モノは乗ってますが、それ以外は本当に普通か、それ以下だと思います。 趣味のバドミントンもずっと同じラケットやシューズを使ってますし、ウェアーも貰い物ばかり。普段、着るものはユニクロや無印が中心